« 研ぎ師太吉(山本一力) | メイン | 人類の星の時間(シュテファン・ツヴァイク) »

2014年3月17日

収容所から来た遺書(辺見じゅん)


終戦から12年の時を経て、6通の山本幡男の遺書が妻モジミに渡された。 シベリアで死んだ山本の遺書の保存方法は、実に驚くべきものだった・・・。 感動のノンフィクション。

戦争は終わったが、シベリアに抑留され日本に戻れない者たちがたくさんいた。彼らは、「いつか日本の土を踏むまでは・・。」という思いを胸に、過酷な状況下で労働に従事していた。だが、ひとり、またひとりと、斃れていく者が増えていった。常に死の淵に立たされ、明日のことさえ分からない絶望的な生活が延々と続いていく。けれど、そんな状況の中でも決して希望を失わず、前向きに生きていこうとする男がいた。彼の名は、山本幡男。俳句を通して、彼は人々の心にかすかな希望の灯をともす。「一緒に日本に帰ろう!」その思いが彼らを結びつけた。だが、もう少しで日本に帰れるというときに、山本は病で倒れた。生きて日本に戻れないと覚悟を決めた山本の心中は、察するに余りある。
収容所引き上げのときには、物を持ち出すのは厳禁だった。書かれた山本の遺書は、何人もの人間が手分けして暗記した。その必死の行為は、読んでいて強く胸を打つ。山本が、いかにかけがえのない存在であったか!無念のうちに死んでいった山本を思うと、涙が止まらなかった。
この作品で、あらためて戦争の残酷さを感じた。もう、決して決して戦争を起こしてはならない。平和な未来を次の世代に、絶対に渡さなければいけない。悲劇を繰り返してはいけないのだ。
感動的な作品だった。ぜひ、多くの人に読んでもらいたいと思う。オススメです!

ゆこりん : 19:28 | 作者別・・へ