« 和宮様御留(有吉佐和子) | メイン | 一生に一度の月(小松左京) »

2006年7月22日

村上朝日堂はいほー!(村上春樹)


さまざまな名作を生み出し続けている村上春樹氏。彼の日常生活や日頃考えていることが垣間見えるエッセイ。

小説だけを読んでいると、そのイメージで作者をとらえてしまいがちだ。だがエッセイを読むと、こんな一面もあったのかと驚かされることが多々ある。ものの見方、考え方、そして趣味や嗜好まで、幅広く書かれた内容は興味深い。なかには、作家としての鋭い洞察力を感じるものもある。さまざまなことについて書かれているが、その中で「おっ!」と思ったのは、「ウサギ亭」のコロッケ定食。読んでいるうちにたまらなく食べたくなってしまった。このお店、どこにあるのだろうか?気になる・・・。

ゆこりん : 11:07 | 作者別・・むらかみはるき