« 不安な童話(恩田陸) | メイン | 野ブタ。をプロデュース(白岩玄) »

2005年1月23日

赤い長靴(江國香織)


結婚して10年。子供はいないけれど、夫婦二人で歩んできた・・・。逍三と日和子という一組の夫婦の日常を、それぞれの視点から描いた連作短編小説。

日和子の話を聞いているのか、いないのか?おそらく逍三は、話の半分も聞いていないと思う。同じ空間にいるのに、日和子は孤独を感じないのだろうか?逍三に対して怒りを感じないのだろうか?
日和子は時々くすくすと笑う。笑うことと泣くことは似ていると思いながら。でも、きっと本当は泣きたいのだ。思いっきり泣きたいのだ。
実際に、こんな夫婦も世の中にはいるのだろう。「もし自分が日和子の立場だったら?」そう考えるだけでも気持ちが沈む。絶対に耐えられそうもない。

ゆこりん : 14:59 | コメント (6) | トラックバック (6) | 作者別・・えくにかおり

このリストは、次のエントリーを参照しています: 赤い長靴(江國香織):

トラックバック

» 「赤い長靴」江国香織 from f丸の生態・デイリー
赤い長靴 江國 香織 江国香織です。相変わらず普遍的です。 今回の作品はある夫婦の日常?みたいなものを描いた短編集なのですが、特にこの作品ですと、主人... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年1月23日 21:50

» 『赤い長靴』江國香織著 from 読書日和 
赤い長靴江國 香織文藝春秋 2004-12-10売り上げランキング 858おすす [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年1月24日 08:15

» 【まったり読書】赤い長靴*by:江國香織 from しあわせのかけら
◆赤い長靴 江國香織の連作短編小説。 結婚して10年、日和子と逍三の淡々とした日常を描く。 逍三の実家でのできごと、日和子のパート先での会話。 本当... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年1月30日 20:20

» 「赤い長靴」 江國 香織 from 忘れられぬ風景を求めて
結婚、そして夫婦ってなんだろう、と考えさせられる作品だった。結婚していない自分ながら、現実の身近な人たちも重ね合わせ、妙にリアルに日和子の気持ちが分かってしまっ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年2月11日 18:06

» 『赤い長靴』 江國 香織 from うさぎの本棚
赤い長靴 江國 香織 江國作品は読後心があったかくなる作品が多いけど、 この作品はイライラしっぱなしだった。 結局こんなだけど幸せなのだ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年2月19日 01:16

» 赤い長靴 [江國香織] from + ChiekoaLibrary +
赤い長靴江國 香織文藝春秋 2005-01-15 結婚して十年になる日和子と逍三の夫婦。日和子の、そして逍三の視点から語られる、二人の日々の物語。連作短編集... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年7月27日 12:45


コメント

こんにちは。

>絶対耐えられそうもない…

同感です。
同じ家に住んでいて「言葉が通じない」と思うことほど虚しいことってない…。
男の人側から読んだとき、逍三さんってどんな風に思えるんだろうって興味湧きます。

投稿者 : 2005年1月24日 08:14

柊さん、こんにちは~。
こんな男だったら大変(**)何を言っても上の空だなんて。
夫婦ってこんなものじゃないですよね。
これで気持ちが通じ合っているのか・・・疑問です。
柊さんの言うように、男の人の意見を聞いてみたいですね♪

投稿者 ゆこりん : 2005年1月24日 14:55

独身の私にとって、この内容はきつかったです。
そう、まだまだ結婚に夢見ているのです♪

投稿者 うさぎ : 2005年2月 5日 01:35

うさぎさん、こんにちは~♪
確かに独身の人にはきつい話かな?結婚生活にあこがれる
気持ちをつぶしてしまうかも(^^;
ま、実際に結婚生活というものはいいことばかりではないと
思うけれど・・。でも、こういうのはひどすぎると思うわ。
我が家は会話があるほうだからよけいにそう感じるのかな?

投稿者 ゆこりん : 2005年2月 5日 17:05

こんにちわ。
私は未婚ですが、この本怖かったです。
あぁ、私の理想の結婚生活がぁ~
音を立てて崩れていきそうです(笑)。

投稿者 chiekoa : 2005年7月27日 12:47

chiekoaさん、こんにちは~♪
お名前はあちこちで拝見しています(*^▽^*)
この本は独身の方にはきついかも(^^;
結婚生活に失望を感じてしまいますよね。
でも、世の中そんな夫婦ばかりではないので
安心してくださいv(*'-^*)b
TBありがとうございましたm(_ _"m)

投稿者 ゆこリん : 2005年7月27日 16:11