« 王妃の館(浅田次郎) | メイン | さまよう刃(東野圭吾) »

2004年12月27日

なんくるない(よしもとばなな)


愛していたのに・・・。お互いの心が、まるでボタンを掛け違えてしまったようになってしまった。傷ついた心がようやく癒え始めた時、訪れた沖縄で、桃子は一人の男性と知り合った・・・。表題作を含む4つの物語を収録。

言葉が、ふわふわと綿菓子みたいに柔らかく、陽だまりみたいに暖かい。それは読む者を、心地よい世界へといざなってくれる。こちこちに凝り固まってしまった心が、ふわっと軽くなるようだ。どの物語も、やさしさに包まれている。特別な言葉なんてなくてもいい。いつもの何気ない言葉の響きだけでも、こんなに心地よくなれるのだ。沖縄の魅力も充分に伝わってくる。私も物語の中の主人公のように沖縄で、心も体ものんびりと過ごしてみたい。

ゆこりん : 15:51 | コメント (4) | トラックバック (4) | 作者別・・よしもとばなな

このリストは、次のエントリーを参照しています: なんくるない(よしもとばなな):

トラックバック

» 吉本ばなな from PukiWiki/TrackBack 0.1
Counter: 391, today: 12, yesterday: 36 よしもとばなな † 旧名:吉本ばなな(よしもとばなな)   ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年1月25日 13:11

» 「なんくるない」 よしもとばなな from 忘れられぬ風景を求めて
よしもとばななは、中学生のころから好きな作家。そして、昔の「キッチン」や「TUGUMI」もいいけれど、最近の「デッドエンドの思い出」や「ハゴロモ」「虹」などは、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年2月 6日 21:13

» よしもとばなな 『なんくるない』 from 占い日記
自分を否定しても何も生まれない。  ただ全身で、その場に求められていることを判断すること。  そうしたら、扉は開く。  ただ、自分の道に向かっ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年3月16日 20:12

» なんくるない よしもとばなな from IN MY BOOK by ゆうき
なんくるないよしもと ばなな 新潮社 2004-11-25by G-Tools 沖縄を舞台にした4つの短編が収録されています。あとがきの「私はあくまで... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月15日 00:54


コメント

『吉本ばなな』と『よしもとばなな』
漢字が使われてない著者名と使われてる著者名。
何か理由をご存知でしたら教えていただけないでしょうか?
今まで『よしもとばなな』作品は気づいてませんでした。
文庫ばかりに目がいってるってのもありますが。
『よしもとばなな』で検索して出てきた作品がいっぱいあるので、ちょっとビックリしましたー。
楽しみが増えました!

投稿者 korin : 2004年12月28日 21:39

こんにちは~♪
私にもよく分かりません・・。市川拓司さんも「市川たくじ」で
本を出しているんです・・・。こちらの方もどうしてなのかなと
不思議に思っています。出版した時期によって違いがあるのかしら?
誰か知っている人、いないかな?

投稿者 ゆこりん : 2004年12月29日 11:07

ゆこりんさん、こちらのBlogListに私の日記をリンクして下さってどうもありがとうございました♪
すごく嬉しいです。^^
こうやって見てみると「Diary」って味も素っ気もないネーミング…。(^^;;
ちょっと考えて、良い名前が浮かんだら変えますね!

さてさて、よしもとばななさん、理由は分かりませんが最近全部ひらがなに改名されたんですよね。
(最近と言っても2年くらい前のようです。)
だから古い著作はみんな吉本ばななさんで出してますよ。

たまたまなんですが、今私もばななさんの本を読んでます。
ちょっと前にTVに出ていたんですよね、見られましたか?
それでご本人がよく書けたと言っていた「体は全部知っている」です。
これが終わったら、近々「なんくるない」も読みたいと思っています。^^

投稿者 ゆっこ : 2005年1月 8日 21:14

ゆっこさん、こんにちは~♪
「よしもとばなな」さんは改名したんですね。
そういえば市川拓司さんも最初のころは「市川たくじ」では
なかったかしら?途中で変えることもあるんですね~。
ばななさんの作品はとても好感が持てました。
まだまだ読んでみたいです(o^-^o)

投稿者 ゆこりん : 2005年1月10日 16:15