« 孤独か、それに等しいもの(大崎善生) | メイン | 邂逅の森(熊谷達也) »

2004年9月13日

ランドマーク(吉田修一)


大宮に建てられている巨大建築物、スパイラルビル。独特のねじれたような形を持つビルの建設に携わる人々の、悲喜交々を描いた作品。

そのビルを設計した者、そのビルを建てている者。彼らには彼らの、それぞれの人生がある。ビルはねじれたままで、存在し続けることができるのか?ビルの姿におのれの人生を重ね合わせている男たち。彼らは、自分たちの人生もどこかねじれていると、感じているに違いない。良治の人生が、全てを物語っているような気がした。

ゆこりん : 12:11 | 作者別・・よ他