« たったひとつのたからもの(加藤浩美) | メイン | love history(西田俊也) »

2004年9月 6日

パーク・ライフ(吉田修一)


いつも行く公園で一人の女性と知り合った。何気ない日常の何気ない生活から切り取られたような、公園でのひと時。そこで繰り広げられる出来事は?表題作を含む2編を収録。

同じ公園に同じ時間に行くと、同じ人に会うということはないだろうか?言葉は交わさなくても、気がつくとその人を見ている。どこでどんな生活をしているのだろう?ここに来て何を思っているのだろう?自分がそう思うとき、相手も同じことを考えているかもしれない。作品に出てくる二人は、これからも公園で会うのだろうか?ちょっと気になる。

ゆこりん : 16:42 | 作者別・・よ他