« 新選組始末記(子母澤寛) | メイン | 新選組物語(子母澤寛) »

2004年7月 5日

新選組遺聞(子母澤寛)


新選組という集団の中で、個々の人間は何を思い、どう行動したのか?新選組に関わった人たちの貴重な証言を集め、作者はまとめていった。彼らの素顔も分かる、貴重な記録。

実際に新選組を目の当たりにした者にしか分からない描写が、ここにはある。芹沢鴨の暗殺当夜の様子、その後の処理。池田屋事件、そして近藤勇の最期。墓から遺体を掘り出し故郷へ運ぶさまは、悲壮感が漂う。つかの間の華やかさ。それと対照的な末路。これがわずか百数十年前の出来事なのだ。残された家族などのその後も興味深かった。どんな境遇になっても、家族は決して新選組のことを忘れることはなかったと思う。家族としての悲劇が、そこにはあったのではないだろうか。

ゆこりん : 15:07 | 作者別・・し他