« クライマーズ・ハイ(横山秀夫) | メイン | 亡国のイージス(福井晴敏) »

2003年11月20日

生きる(乙川優三郎)


藩主が死んだ。又右衛門は家老の命により追腹を禁じられる。密約により藩主亡き後も生きていくことになった彼だが、世間の目は冷たく、娘婿、息子が切腹し、彼は孤立していく。生きることも死ぬことも出来ずに彼は苦悩するが・・・。表題作を含む3つの短編を収録。

時代物が苦手な私だが、そういう私でも抵抗なく読める作品。時代物ということを意識させないところに、作者の独特のスタイルがあるのではないだろうか。「人は何のために生きるのか。」この本は読む人にそう問いかけてくる。どんなにつらくても自分の人生を全うしなければならない。それはどんな時代においても同じことだ。「生きる」このたった3文字の言葉が秘めている意味は大きく、そして深い。

ゆこりん : 08:12 | 作者別・・お他