« 岬へ(伊集院静) | メイン | 半パン・デイズ(重松清) »

2002年12月 1日

向田邦子の恋文(向田和子)


没後20年以上を経て明かされた、N氏と向田邦子さんの秘められた恋。妹和子さんが迷いながらも、その手紙やN氏の日記を公開した。

この本の全てが、手紙や日記で埋め尽くされているのかと期待したが、それは前半だけで、N氏の日記の部分が多く、向田邦子さんの手紙はほんの数通だった。後半の部分は、和子さんの、向田邦子さんについて書かれた文章だ。それでも、断片的に彼女がN氏とどういう付き合いをしていたのかを垣間見ることができる。N氏は自殺したという。悲しみを胸にしまいこんで、気丈に仕事を続ける彼女の姿が目に浮かぶようだ。今までにない一面を見た。

ゆこりん : 11:34 | 作者別・・む他