« 発火点(真保裕一) | メイン | 天の夜曲(宮本輝) »

2002年9月22日

アルジャーノンに花束を(ダニエル・キイス)


知的障害を持つチャーリイは、現代科学によって知能を高められたネズミのアルジャーノンを見て、自分も同じように頭がよくなりたいと思い、手術を決意するが・・・。

チャーリイは高い知能を得たかわりに、いろいろな大切なものを失っていく。それは友情、信頼、尊敬という、生きていく上で必要なものだ。人間は、本来持って生まれたものを変えてはいけないのではないだろうか?自然の大きな流れに逆らって泳ごうとしても、力尽きて流されるだけだ。人が生まれてくる時、必ずそこには人それぞれの意味があるという。チャーリイが生まれ、そして生きているのは、やはりなんらかの意味があることだと思う。
チャーリイはアルジャーノンを見て自分の未来を悟る。だがそれは、決して不幸なことではない。チャーリイが本来の笑顔を取り戻すことなのだから。

ゆこりん : 14:11 | 作者別・・た他