« 愛しの座敷わらし(荻原浩) | メイン | 4TEEN(石田衣良) »

2008年7月22日

空の中(有川浩)


国産飛行機のテスト飛行での事故。自衛隊機の事故。このふたつに関連はあるのか?調査が進められていく。一方、父の操縦する自衛隊機が事故を起こしたことを知らず、息子の斉木瞬は父が通るであろう区域の海岸にいた。そしてそこで不思議な物体を見つける。飛行機事故と不思議な物体。何の関係もないように見えたふたつがつながるとき、人々は今まで体験したことのない危機に見舞われる・・・。

突然、自分にとって大切な、かけがえのない人を喪ってしまったら?心を襲うのはすさまじい悲しみと、喪失感と、そして後悔なのではないだろうか?「悔やんでも悔やみきれない」その思いが遺された者の心に血を流させる。作者の、苦悩する登場人物たちの描き方がとてもいい。彼らの心の動きが読み手にも伝わってくる。また、「白鯨」と名づけられた謎の生物本体と、白鯨と人間との仲介役の高巳の会話が絶妙だった。しだいに言葉を覚え人間という生き物を理解していく過程はとてもよく描かれていて、読んでいてどんどん物語に引き込まれていった。「人類と白鯨に共存の道はあるのか?」憂いを抱いてラストへ・・・。
「姿かたちは違っても、心と心は通じ合える。」
読後そんな思いを味わえた。余韻が残る心温まる作品だった。

ゆこりん : 17:32 | コメント (2) | 作者別・・ありかわひろ


コメント

初めまして♪
私もつい先日この本を読んだのですが、
ハラハラする展開、切ない思いがこちら側まで伝わってきて、
読み終わりはなんだかほっとした気持ちになりました。
とっても素敵なお話でした~☆彡

投稿者 月夜 : 2008年7月22日 23:15

>月夜さん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
ホント、ハラハラしたり、切なかったり、
おかしかったりと最初から最後まで楽しめる
作品でした。ラストもよかったです~♪
私もほっとした気持ちになりました(*^o^*)

投稿者 ゆこりん : 2008年7月23日 15:38