« コッペリア(加納朋子) | メイン | 町長選挙(奥田英朗) »

2006年9月14日

女たちのジハード(篠田節子)


「どんなにつらくたって負けない!」人からどんなことを言われてもどんなふうに扱われても、めげずに自分自身の幸せを追い求めた5人の女性の物語。直木賞受賞作品。

男女平等とは言うけれど、世の中まだまだ完全にそうはならない。長年OLをやっていれば、風当たりも強くなる。この作品に登場する5人の女性たちは、それぞれの幸せを求めて奔走する。どうすれば自分が幸せになれるのか?試行錯誤?紆余曲折?邪魔者扱いされても決してめげず、己の道を突き進む。作者は軽快なタッチで彼女たちの奮闘ぶりを描いている。まるで雑草のごとく、踏まれれば踏まれるほど彼女たちは強くなる。その姿は戦士そのものだ。さて、戦いののち彼女たちが勝ち取ったものは・・・?それぞれ全く違うけれど、どれもキラキラと輝いていた。読後もすっきり♪読み応えのある、楽しい作品だった。

ゆこりん : 20:19 | 作者別・・しのだせつこ