« 宇宙のみなしご(森絵都) | メイン | 恐怖の誕生パーティー(ウィリアム・カッツ) »

2002年5月16日

スピカ(高嶋哲夫)


巨大原子力発電所がテロリストによって占拠された。汚染ガス放出の予告に周囲の住民が避難する。彼らの目的は何か?暗号「スピカ」に隠された陰謀とは?

発想は面白いが小戦争的な場面があり、描写は読んでいて、ちょっと顔をしかめてしまった。占拠の目的も、私にはよく理解できない面があった。しかし、刻一刻と状況が変わっていき、読者を最後まで飽きさせないで物語が展開していく。原子力発電所の仕組みも少しは理解できた。

ゆこりん : 09:03 | 作者別・・た他