« 朽ちた樹々の枝の下で(真保裕一) | メイン | 止まらない時計(志村岳) »

2001年1月26日

いのちの詩~雅子の青春(岡本雅子)

重度の脳性マヒでありながら、常に明るさを失わずに前向きに生きる、一人の女性の生い立ちの記。唯一自由に動かせる右足の親指一本でタイプやワ-プロを打ち、この作品を完成させた。

ゆこりん : 19:39 | 作者別・・お他