メイン | 塩狩峠(三浦綾子) »

1996年9月 9日

チャイニーズマザー(スティーブン・W・モッシャー)

「どんな手段を使ってもかまわない。とにかく人口を減らせ。」毛沢東が始め、そして年々強化されていった”一人っ子政策”。この悲劇と闘い続けた中国人女性チ・アンの感動の記録。

強制的な中絶あるいは避妊手術など、想像を絶する中国の政策に、この作品を読んだ人全てが驚くことと思います。「どうしても二人目の子供が欲しい。」そう願ったチ・アンのとった行動は?女性として、読んだ後深く考えさせられる作品でした。

ゆこりん : 15:54 | 作者別・・す